バイアグラと同成分のゼネグラの効果

ゼネグラはバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラの国内特許も2014年に有効期限が終了しました。そのため、ジェネリック医薬品が製造可能になり、世界的にジェネリック医薬品の販売が始まりました。つまり、有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩はバイアグラも、ゼネグラも同一です。そのため、効果もバイアグラと同じということになります。シルデナフィルクエン酸塩にはそこから放出されるNO(一酸化窒素)が血管拡張神経を刺激し、血管を拡張させる事で海綿体に流入する血液量を増やします。そして、同時に海綿体から流失する血液量を抑える効果があります。そのため、勃起機能を改善することが可能なのです。このNOによる血管拡張作用を発見した事で、Dr. Ferid Muradらは1998年ノーベル生理学賞を受賞しています。
ゼネグラなどのED治療薬はこのようにあくまで、勃起という生理現象を補助的に助ける役割をしています。精力剤のように、性的な欲求を高めたり、性的に興奮させるなどの作用があるわけではありません。勃起を誘発するには、必ず性的な興奮が必要なのですが、ED治療薬にはそのような性的興奮を強める働きはありません。そのため、性的な興奮状態を伴わない場合には、治療薬として効果が無い場合があります。
血管を拡張させるため、血圧が低下する場合があります。血圧低下が原因となり、頭痛やめまい、ほてりなどの副作用が現れることがあります。アルコールと併用する場合にも同様の副作用が現れる場合があります。更に、心臓病に使用されているニトロなどの硝酸薬との組み合わせは危険です。急激な血圧低下により死亡例が報告されています。そのため、心臓に疾患を持ち薬を常用している場合には、医師の指導を受ける必要があります。

■シアリスジェネリックのフォーゼストもお薦めです
バイアグラ系おすすめのジェネリック
カマグラゴールドで勃起不全を改善!