OTCではないゼネグラ・気持ちの焦りから来るED

OTC医薬品とは、薬局やドラッグストアなどで扱われている一般用医薬品の事です。医師の処方箋をもらっていなくても買えるのが特徴で、便秘薬、風邪薬、目薬、鎮痛剤・・など様々な種類があります。
これに対して、医療用医薬品は医師の処方がないと買えません。医療機関に行って診察を受け、医師が書いた処方箋を薬剤師に見せる必要があります。処方箋は医師が「この薬をこの症状のある患者さんに渡して下さい」という内容を記した書類です。
OTC医薬品の説明に戻りますが、語源はOver-The-Counter(カウンター越しに薬を販売する)に由来しています。以前までは「大衆薬」や「市販薬」と呼ばれてきましたが、2007年に呼び方をOTC医薬品に統一しました。
OTC医薬品は自己管理や軽い病気の解消に役立つというメリットがあります。これからはセルフメディケーション(自分の健康は自分で守る)の時代と言われていますから、うまく使いこなしたいものです。
ただ、中には薬局やドラッグストアでは入手できない薬もあります。その中の一つとして、ED(勃起障害)治療薬があげられます。
有名な治療薬バイアグラは医師の処方か、もしくは個人輸入でないと手に入れる事が出来ません。バイアグラにはゼネグラというジェネリック薬も登場しています。これは病院では処方してもらえないので、個人輸入する必要があります。
ED治療薬は焦りから来る心因性のEDに対しても効果が期待できます。
個人輸入は基本的にはネット通販と同じような感覚で行う事が出来ます。個人輸入代行業者という業者に薬を注文して、代わりに輸入してもらう流れになっています。
薬を飲んでいるという安心感からEDが回復しやすくなります。